新着情報
[ニュース]

プレミアムペイント デザインシリーズ「11」 シンプル・イズ・ベスト

いつもご信頼頂き、ありがとうございます。

プレミアムペイントジャパン代表の高橋と申します。

 

本号も前回同様に、

デザインシリーズについてお伝えさせて頂きたいと思います。

 

本号は今までとは対極にあるデザイン哲学かもしれません。

しかしこの中にもデザインに対する深い考え方が詰まっております。

 

これから塗装工事をお考えのお施主様にとって、

少しでもお役に立てる情報になれば幸いでございます。

 

以下の住宅をご覧ください。

 

 

 

元々が非常に立派な邸宅ですが、

エゴイストデザイナーの手にかかると

このようになります。

↓  ↓  ↓

 

 

???

あまり変化を感じられないでしょうか?

 

実は、デザインにこだわるからこそ、

シンプルなデザインになった事例です。

デザインにこだわる方にはとくに参考になるお話です。

 

=====  お施主様ストーリー  =====

 

築18年、はじめての塗替え。

近くの施工現場(「カップリンググリーン」デザインの現場でした)

を見て「これは素晴らしい!」とピンときて、すぐさま連絡をした。

そしてデザイナーと出会った。

 

奥様は「軽井沢にあるペンション風」もしくは

「カップリンググリーン」のように可愛いデザインを希望。

 

一方でご主人様は「海辺のエゴイスト」を選び、

一歩も譲らない姿勢で全面対決が始まった。

 

お互いの主張は、それぞれストレートではっきりしており、

合意点は全く見出せない。結局、塗装工事のご契約をしてから、

デザイン選びでずーっと喧嘩の日々が続く。

(深い仲だからこそ、相手を信じて本音のやり取りができるのも事実ではありますが・・)

 

その戦いの中でデザイナーはさりげなくアイボリーをお薦めし、

アクセントでおしゃれを演出するように促す。

ところが、、、ついに1年間、戦いは収まらなかった。

1年間、色が決まらなかったのはこれで4組目である。。。

 

しかし、ここに面白い法則がある。

それは、1年間色が決まらなかったカップルに共通することは、

最終的にシンプルなデザインに落ち着くということである。

 

激しく、あれにしたい、この色を使いたい、こうしたい、

という妄想が散々出てきた後には、物事の本質に到達するのでしょう。

 

壁の色は、マジックアイボリーで夫婦合意し、

屋根は奥様の好きな色にしてもらうことになった。

そのとき奥様は、素直にハートブラウンを選んでくれた。

 

デザイナーは語る。

「おしゃれ度の高いものは、シンプルにいかにまとめたか、

である。家のデザインを極限にシンプルに考えたとき、

マジックアイボリーが外せない。

 

あとは、花壇でお花をアクセントとして飾ってみたり、

ハロウィンの装飾を飾ってみたり、クリスマスの装飾を飾ってみたりと、

常にいろいろな魅せ方をおしゃれに楽しめる。

 

そして、しいて言うなら、

このお家には80年代の赤いマスタリングを駐車場に置いてみたいかな。」

 

===== デザイナーメッセージ =====

 

迷ったら、このデザインをお勧めします。

シンプル・イズ・ベストにまとまり、かつ、アレンジ性が高い

レベルの高いデザインです。

 

==========================

 

またまた素晴らしいデザインとなりました。

今回は今までとは違った視点から

デザインについてお伝えさせて頂きました。

 

細かなデザインテクニックを数多く駆使し、

眠っているお家の魅力を引き出すデザインの力、

プレミアムペイントのデザイン哲学には、

実はそのような魔法の力があったのです。

 

次号のデザイン施工事例もどうぞ楽しみにしていてください。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

 

プレミアムペイントジャパン株式会社

代表 高橋 誉

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-5-12-2F

TEL:03-3527-9293  FAX:03-3527-9807

Eメール:takahashi@premium-paint.co.jp