新着情報
[ニュース]

プレミアムペイント デザインシリーズ「5」 ~カップリング・グリーン~

いつもご信頼頂き、ありがとうございます。

プレミアムペイントジャパン代表の高橋と申します。

 

今年もあと一か月を残すところですね、

毎年あっという間に過ぎ去っていきます。。。

しかし毎日充実した日を過ごすことのできている証でもあるので

感謝しながら今年も全力で駆け抜けてまいりたいと思います。

 

前回に引き続き、

プレミアムペイントのデザイン施工事例をお伝えしたいと思います。

 

今回の事例は、深緑をつかった高級感あふれるデザインです。

「主張せずとも目立つ」というイメージがぴったりなお家です。

 

これから塗装工事をお考えのお施主様にとって、

少しでもお役に立てる情報になれば幸いでございます。

 

以下の住宅をご覧ください。

 

 

もともとのお家のつくりがとてもお洒落ですので、

そのお家のつくりに表情を与えると以下のようになります。

↓  ↓  ↓

 

 

いかがでしょうか!

屋根からメイン壁にかけて同色の深緑で落としていく、

という大胆なデザインです。

 

少しスパイスを加える意味で玄関上には

深赤を挿し色として使い、さりげなく存在感を演出しています。

 

=====  お施主様ストーリー  =====

 

40代中盤のご夫婦。

以前、理由があってこの家を売りに出した時があった。

しかし、売れなかった。その原因は見た目が悪いから・・・。

 

「今はもう売る予定はないけど、どうせ塗り替えするのだから、

高く売れるような家に変えてほしい」それが今回、ご主人様の願いだった。

 

負けを負けとして終わらない。いかにも仕事がデキる男性らしい(笑)

そして、デザインのほうも男性らしく「緑をつかって好きにやってくれ」と。

 

その要望を聞いたデザイナーは、玄関ドアの緑に合わせて、

互いに良い関係性になるプラチナグリーンとユニバーサルグレーを選択。

 

この色の選択には、夫婦仲良くお互いにけんかしないように、

という意味合いも込めた。

 

仕上がったのはエゴイストラインの中でも人気の高い

左右反対称型の「カップリング・デザイン」である。

 

ところが・・・、である。

あまりにも素晴らしい出来栄えに、ご主人様は出来心が発生し、

もう一度この家を売りに出してしまったのである。

 

すると、即座に、

しかも以前よりも数百万円高い値段がついてしまい、

あっという間に売却。

 

あらら。

塗装工事費用以上にバリューがついてしまって嬉しい誤算。

 

そして、家が高く売れた後、奥様のご実家で、

祖父母様と家族仲良く暮らしました、とさ。

めでたし。めでたし♪

 

===== デザイナーメッセージ =====

 

プラチナグリーンとユニバーサルグレーの縦割りツートンで

スッキリとカッコよく仕上りました。

 

屋根のプラチナグリーンを外壁中央まで揃えて全体の調和を演出しました。

そして、窓まわりはグリーンと白を対照的に使用しています。

 

コーナー、フチ、軒どい、破風板、水切りをきれいに見せることが

このデザインのポイントです。

 

==========================

 

またまた素晴らしいデザインとなりました。

 

眠っているお家の魅力を引き出すデザインの力、

プレミアムペイントのデザイン哲学には、

実はそのような魔法の力があったのです。

 

次号のデザイン施工事例もどうぞ楽しみにしていてください。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

 

プレミアムペイントジャパン株式会社

代表 高橋 誉

 

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-5-12-2F

TEL:03-3527-9293  FAX:03-3527-9807

Eメール:takahashi@premium-paint.co.jp